旬どき うまいもの自慢会 みやぎ

第51回【夏の集い】を開催しました

先日、第51回旬どきうまいもの自慢会みやぎ【夏の集い】を開催しました。仙台駅東口から徒歩2分、宮城の食材にこだわる「伊達のくら」様を会場に、この時期に脂がのって美味しい松島湾産の穴子をお楽しみ頂きました。

CIMG1700b.jpg

CIMG1706b.jpg

開催日時: 2019年6月22日(土) お昼 12:00~
開催場所:「伊達のくら」(仙台市宮城野区)
参 加 費 : 6,400円
定 員 :30名

伊達のくら」料理長には前日に獲ってさばいた新鮮なアナゴを【焼物】【凌ぎ】【煮物】と様々な調理法で表現頂きました。ご参加された皆さまには、肉厚でふっくらとした穴子と夏に旬を迎える食材と相性の良い「浦霞」の季節商品とのペアリングをご堪能頂きました。

CIMG1716b.jpg

夏の集いは会のはじめに「伊達のくら」釘宮店長、皆川料理長より挨拶を頂きました。

IMG_2610b.jpg
店長 釘宮さん

IMG_2614b.jpg
料理長 皆川さん

DSC_1365r.jpg
続いて佐浦社長の挨拶・乾杯で会がスタートしました。乾杯酒は「純米夏酒 浦霞」です。

【前菜】×【純米夏酒 浦霞
前菜は稚鮎の甘露煮、上村豆腐の厚揚げ、銀鮭の砧巻き、生蛸の梅肉と蕗醤油煮、鱸の抹茶塩焼き、茗荷の甘酢漬けの6品に、料理長からサプライズでトウモロコシの天ぷらが加わりスターターからとても豪華な彩りでした。「純米夏酒 浦霞」は夏の旬の食材と相性のいいお酒ですので、前菜に並ぶ旬の食材を引き立てくれました!

CIMG1746b.jpg

純米夏酒 浦霞】爽やかで軽快な甘みと米の旨味が感じられる、夏にぴったりの味わいです。

【産直鮮魚 あしらい一式】×【純米夏酒 浦霞
脂がのった鮪、今の時期が旬の鰹やウニなど、お造りにも季節感がありました。米の甘味と旨味がある「純米夏酒 浦霞」は鮮魚と一緒に頂くと、双方の味わいを引き立て、お造りもお酒も相乗した美味しさを楽しむことが出来ました。

CIMG1751b.jpg

DSC_1376r.jpg

【杉原崇さんからのお話し①】
ここで、今回のメイン食材「穴子」を提供頂いた杉原功商店の杉原崇さんより、松島湾での漁、震災前後の松島湾の状況についてお話し頂きました。震災で大きな津波があったことから湾の海藻は流されてしまい、生態系は大きく変化。アカモクという海藻は再生してきているものの、海底に沈めて植樹をしてもアマモという海藻はなかなか定着しない状況にあり、少なからず震災の影響や爪痕はいまだ残っているとのことでした。

杉原さんのお話しの後はいよいよ穴子料理が登場です。

【穴子の味噌漬け焼き クリームチーズ】×【純米生酒 浦霞
香ばしく焼きあげた穴子に、酒粕入りのクリームチーズを添えます。穴子は肉厚で弾力があり、味噌とチーズの濃厚な味わいがお酒をすすめてくれます。そんな一品の美味しさをスッキリと引き立てるのが「純米生酒 浦霞」。瑞々しいこのお酒の酸味、旨味が料理の味わいに非常によく合うペアリングでした!

CIMG1777b.jpg

純米生酒 浦霞フレッシュな酸味と香味、旨味の絶妙なバランス。清涼感あふれる瑞々しい生酒です。

【穴子の檸檬和え 三つ葉】×【純米生酒 浦霞
塩こうじで味付けし焼きあげた穴子に、清涼感のある檸檬や三つ葉で和えさっぱりと頂く一品。「純米生酒 浦霞」と合わせます。

CIMG1783b.jpg

【杉原崇さんからのお話し②】
美味しい穴子に舌鼓をうちながら、再度杉原さんからお話しを頂きました。穴子漁には「筒(つつ)漁」と「籠(かご)漁」があり、杉原さんが行うのは「籠漁」です。日中は岩陰に隠れてひっそりとしている穴子が、夜になると活発になる夜行性の習性を利用し、夕方「籠」を仕掛け(約300個!)て翌朝4時には海に出て引き揚げます。多いときには10kg以上、100本もの穴子が獲れるそうです。

松島では牡蠣の養殖とともに穴子漁も盛んに行われてきました。松島は海が穏やかで、牡蠣を養殖する牡蠣棚は穴子のエサとなる湾内の生物が集まりやすく穴子が豊富ということがあります。穴子漁は4月から始まりますが、穴子の背と腹にある白い線のような模様が金色になると脂がのった証拠。夏にかけて旬を迎えます。そして穴子を美味しく頂く大事なポイントは何と言っても鮮度。獲ってさばくと直ぐに鮮度が落ちるので、是非、産地に足を運んで食べて欲しい!いいものを食べてもらいたい!!杉原さんの願いです。

【穴子の八幡巻き】×【大吟醸 浦霞
ふっくらと炊き上げた穴子に少し濃いめの甘辛な味付けは、3品目のお酒「大吟醸 浦霞」とほどよくペアリング。お料理とお酒が進んでも、尚一層その相性や楽しみ方を見つけることが出来る、そんな一品でした。

CIMG1798b.jpg

大吟醸 浦霞】2015年よりワイングラスでおいしい日本酒アワード5年連続金賞 受賞!

CIMG1786b.jpg

【ハラコ飯】
お料理も終盤、お腹を満たしてくれるのは「伊達のくら」さんの大人気メニュー「ハラコ飯」です。釜で炊いたご飯にキラキラ光るハラコをのせて、お腹も心も大満足のお食事でした。

IMG_2651b.jpg

【金華若布の吸物】
肉厚で風味高い金華若布、出汁がきいた優しい味わいに白髪ネギの吸口が美味でした。

CIMG1808b.jpg

【柑橘ゼリー】柑橘果汁がしっかりきいた一口ポーションのデザートは最後の〆に最適でした!

CIMG1813b.jpg

純米原酒につけた浦霞の梅酒控えめな甘さと心地よい酸味、さっぱりとした柔らかな味わいの梅酒です。

毎回このイベントに参加される皆さまは、初めての方もいれば常連の方もいます。テーブルを共にするのは初めてでも、ひとたびお酒を酌み交わすとすぐに和やかな雰囲気に!次回も多くの方に参加頂きたく思います。「伊達のくら」のスタッフの皆さん、美味しい旬の穴子をご提供頂きました杉原さん、ありがとうございました。

CIMG1810b.jpg

今回お楽しみ頂いたお酒
純米夏酒 浦霞
純米生酒 浦霞
大吟醸 浦霞
純米原酒につけた浦霞の梅酒

第51回【夏の集い】開催案内

新しい時代「令和」を迎えて初となる旬どき うまいもの自慢会 【夏の集い】は、仙台駅東口から徒歩2分、宮城の食材にこだわる「伊達のくら」様を会場に開催致します。
今回はこの時期に脂がのって美味しくなる松島湾産のアナゴを食材のメインにし、季節商品「純米生酒 浦霞」「純米夏酒 浦霞」などをお楽しみ頂きます。ゲストは、漁師の方をお迎えして松島の海とアナゴについてトークして頂きます。旬の食材と日本酒のペアリングをお楽しみ下さい。皆さまのお申し込を心よりお待ちしております。

true

開催日時: 2019年6月22日(土) お昼 12:00~
開催場所:「伊達のくら」(仙台市宮城野区)
参 加 費 : 6,400円
定 員 :30名様(応募多数の場合は抽選

※応募の当否を6月7日(金)までに連絡致します
 応募締切: 5月31日(金)必着
申込み内容: 代表者氏名・住所・電話番号・人数(4名迄)
申込み先: 電話、Eメール、FAXにてお申込み下さい。

浦霞醸造元 株式会社佐浦 企画部
 受付TEL 090-5235-3141(平日9時~17時)
 FAX番号 022-362-7895
 Eメール  info@urakasumi.com

※20歳未満の方とのご参加、お車でのご来場はご遠慮下さい。
※座席の都合上、4名様1グループを2名様2グループに分けてご案内させて頂く場合もありますことを予めご了承願います。

過去の開催一覧はこちらをご覧下さい
http://www.urakasumi.com/blog/cat100122/

第50回【春の集い】を開催しました

こんにちは。企画部の尾形です!先日、旬どきうまいもの自慢会みやぎ~春の集い~を開催致しました。今回で第50回目を数える旬どきイベントは、仙台駅西口から徒歩5分「仙臺居酒屋おはな」様を会場に、有機農業に取り組むボンディファーム様(柴田郡村田町)の旬の野菜をお楽しみ頂きました。

フレンチ出身の料理長が創り出す独創的なお料理はどれも絶品!自然の中で伸び伸び育ったボンディファームの野菜たちの特徴を引き出し、表現頂きました。ご参加された皆さまには「平成」最後の旬どきイベントを「浦霞」とのペアリングでご堪能頂きました。
IMG_5467.jpg

◎日 時 2019年3月16日(土) お昼12時より
◎場 所 「仙臺居酒屋おはな」(仙台市青葉区中央)
◎参加費 6,400円

IMG_5481.jpg

春の集いは社長の佐浦、続いて「仙臺居酒屋おはな」の佐々木店長より挨拶を頂き、「蔵の華純米大吟醸 浦霞」で乾杯して会がスタート!

IMG_5508.jpg

IMG_5497.jpg

【ジャガイモとルッコラのスフレ】×【蔵の華純米大吟醸 浦霞】
クリーミィーなマッシュポテトにはカリカリのグリッシーニが添えられ、ほろ苦さと香りが特徴的なルッコラのスフレは鮮やかなグリーンで春の一品目を飾ります。「蔵の華純米大吟醸 浦霞」と合わせると、野菜の美味しさを大吟醸の甘味が優しく包み込む味わいが感じられるペアリングでした。

IMG_5518.jpg

蔵の華純米大吟醸 浦霞.jpg
「蔵の華純米大吟醸 浦霞」

IMG_5530.jpg

一品目から野菜の美味しさに魅せられ、早速生産者であるボンディファームの鹿股国弘(かのまたくにひろ)さんにお話を伺いました。鹿股さんは村田町で自然環境型循環農法に取り組まれていらっしゃいます。鹿股さんの農業方法は、自然に生えてくる野の草(緑肥)や完全発酵させた鶏の糞を土に混ぜ込み、農薬や化学肥料をいっさい使わずに野菜を育てています。野菜作りにおける「土」は、酒造りにおける「水」と一緒。土の味は野菜に反映されるので、土の味が野菜の味になる。土が良くなければどんなに野菜の生育条件がそろっても野菜は美味しくならないと鹿股さんは言います。そんなボンディファームでは少量多品種生産で年間150種類を越える野菜を作っており、随時30種類程が旬を迎えます。今回の旬どきでは10種類程の野菜が私たちを楽しませてくれました!

【前菜3品】×【純米吟醸生酒 浦霞 春酣
前菜の3品は、ホタルイカとヤーコンの酢味噌和え、白菜のゼリー寄せ、里芋と自家製ベーコンのコンフィ。こちらの前菜ではそれぞれに野菜を使っていますが、白菜、ヤーコン、里芋とも野菜の味や甘味がしっかりと感じられるものでした。素材の良さはもちろん、シェフの野菜の味の引き出し方にも感嘆する素晴らしい前菜でした。IMG_5540.jpg

IMG_5544.jpg

ここで八木橋シェフよりお料理とお酒のペアリングポイントを中心に一言頂きました。前菜、蒸し物、魚料理は春のお酒「純米吟醸生酒 浦霞 春酣」とペアリング。フレッシュ感のある「純米吟醸生酒 浦霞 春酣」は野菜や魚の旨味をよく引き出すことから。そして当会初お披露目の「純米吟醸原酒 浦霞 協会12号酵母仕込み」と合わせたのが桜鱒のグリル。酸味を感じるお酒は塩味のある料理とよく合うことから、も塩をアクセントに使い、酒粕ソースとのバランスが楽しめる一品に仕上げたそう。鴨肉には米の旨味とほどよい酸味のある「特別純米酒 生一本(きいっぽん) 浦霞」を合わせることで鴨の脂を切り、一緒に食べ合わせた時のハーモニーが互いを引き立てる相性を楽しめるとのこと。そして「純米吟醸 浦霞禅」はどんな料理にも合うオールマイティなお酒なのでそれぞれの料理とのペアリングを試し、楽しんで欲しいとのことでした!シェフに美味しいポイント聞いてお料理とお酒は次々と進みます。

純米吟醸 浦霞禅+C300.jpg
純米吟醸 浦霞禅

【あやめ雪蕪の揚げ出し 桜海老のすり流し】×【純米吟醸生酒 浦霞 春酣
IMG_5550.jpg

【マグロと三色大根のサラダ仕立て生海苔ゼリー】×【純米吟醸生酒 浦霞 春酣
IMG_5567s.jpg

season_harutake_new.jpg

純米吟醸生酒 浦霞 春酣(季節限定)

【桜鱒のグリル】×【純米吟醸原酒 浦霞 協会12号酵母仕込み】
肉厚の桜鱒は皮はパリッとしかしながら身はふっくらジューシーな焼き加減。浦霞の酒粕とクリームチーズを合わせたソースがコクと風味をプラスします。ソースは酒粕の風味とチーズの爽やかな酸味がほのかに感じられ、お酒との調和を促し、お酒がより美味しく感じられる一品でした!
IMG_5573.jpg

CIMG8736300.jpg

【野田鴨の香味蒸し】×【特別純米酒 生一本(きいっぽん) 浦霞
鴨肉にボンディファームの野菜を合わせ、ホースラディッシュのビネグレットで頂きます。力強い鴨肉ではありますが、味がしっかりと感じられるボンディファームの野菜、酸味がほど良いホースラディッシュのビネグレット、ピンクペッパーが味にアクセントを持たせつつも調和させ、満足感のある一品。「特別純米酒 生一本(きいっぽん) 浦霞」との相性も抜群に良い味わいでした。

IMG_5593.jpg

junmai_kiippon720.jpg

特別純米酒 生一本(きいっぽん) 浦霞


【小松菜とシラスのご飯&蛤汁】
IMG_5603.jpg

本日の提供酒
・蔵の華純米大吟醸 浦霞
純米吟醸生酒 浦霞 春酣(季節限定)
純米吟醸 浦霞禅
・純米吟醸原酒 浦霞 協会12号酵母仕込み
特別純米酒 生一本(きいっぽん) 浦霞
IMG_5583.jpg

イベントに参加アンケートより一部抜粋
・料理、お酒に加えて同席出来た参加者とのつながり、コミュニケーションが最高でした。
・ルッコラやカブ等、説明を受けながら頂くとより一層おいしく感じました。味が濃く、とてもおいしかったです。
・お野菜のおいしさがひきたつ、お酒にもとても合うお料理、最高でした。

IMG_5577.jpg

IMG_5555.jpg

お料理もお酒もとても春らしく、自慢したくなる美味しいひとときでした。次回は新元号の旬どきうまいもの自慢会です!どうぞお楽しみに!!

第50回【春の集い】開催案内

こんにちは。企画部の尾形です。旬どき春の集いをご案内致します!

今回の春の集いは、旬どき第50回目の節目を迎えます。仙台駅西口から徒歩5分「仙臺居酒屋おはな」様を会場に、ボンディファーム様(柴田郡村田町)の旬の野菜をお楽しみ頂きます。また、お酒は旬どき開催50回目を祝して春を彩る「純米吟醸酒生酒 浦霞 春酣」、当会初お披露目する協会12号酵母を使用した「純米吟醸原酒」などのお酒をご堪能頂けます!皆さまのお申込を心よりお待ちしておりますので是非ご応募下さい。

170624_01.jpg

=====
開催日時: 2019年3月16日(土) お昼 12:00~
開催場所:「仙臺居酒屋おはな」 仙台市青葉区中央2-5-1
参 加 費 : 6,400円
定 員 30名様(応募多数の場合は抽選
=====

※応募の当否を3月4日(月)までに連絡致します
応募期間:2月18日(月)~ 2月28日(木)必着
申込み内容: 代表者氏名・住所・電話番号・人数(4名迄)
申込み先: 電話、Eメール、FAXにてお申込み下さい

浦霞醸造元 株式会社佐浦 企画部
 受付TEL 090-5235-3141(平日9時~17時)
 FAX番号 022-362-7895
 Eメール  info@urakasumi.com

※20歳未満の方とのご参加、お車でのご来場はご遠慮下さい。
※座席の都合上、4名様1グループを2名様2グループに分けてご案内させて頂く場合もありますことを予めご了承願います。

過去の開催一覧はこちらをご覧下さい
http://urakasumi.com/blog/cat100122/



旬どき うまいもの自慢会 みやぎ 開催一覧

「旬」の食材を「旬」に食すことは理に適ったこと。
そして数あるアルコール類の中でも「季節感」があるのは日本酒だけではないでしょうか。
この「旬どき・うまいもの自慢会」の主張に賛同する日本全国の蔵元と共に、年に4回(春分、夏至、秋分、冬至)自然の恩恵である「旬」の食とその季節ならではの日本酒を楽しむ集いを開催しています。


旬どき うまいもの自慢会 みやぎ 開催一覧

第1回 【秋の集い】
 平成18年9月23日(土)/塩竈料理 翠松亭(宮城県塩竈市)
第2回 【冬の集い】
 平成18年12月12日(金)/松木かき店直営レストラン 塩釜亭(宮城県塩竈市)
第3回 【春の集い】
 平成19年3月21日(水)/田里津庵(宮城県宮城郡利府町)
第4回 【夏の集い】
 平成19年6月23日(土)/懐石料理 東洋館(宮城県仙台市)
第5回 【秋の集い】
 平成19年9月22日(土)/手料理きくち(宮城県塩竈市)
第6回 【冬の集い】
 平成19年12月22日(土)/旬 牡蠣庵(宮城県松島町)
第7回 【春の集い】
 平成20年3月20日(木)/フランス料理 ル・シエル(宮城県仙台市)
第8回 【夏の集い】
 平成20年6月21日(土)/フランス料理 シェヌー(宮城県塩竈市)
第9回 【秋の集い】
 平成20年9月23日(火)/「手料理きくち」(宮城県塩竈市)
第10回 【冬の集い】
 平成20年12月21日(日)/シーフードレストラン「ボースン」(宮城県塩竈市)
第11回 【春の集い】
 平成21年3月20日(金)/かまど料理「銀兵衛」(宮城県仙台市)
第12回 【夏の集い】
 平成21年6月28日(日)/塩竈料理「翠松亭」(宮城県塩竈市)
第13回 【秋の集い】
 平成21年10月10日(土)/シーフードレストラン「ボースン」(宮城県塩竈市)
第14回 【冬の集い】
 平成21年12月20日(日)/ 「ホテルニュー小松 好風亭」(宮城県松島町)
第15回 【春の集い】
 平成22年3月20日(土)/仙台地物屋「炉だん」(宮城県仙台市)
第16回 【夏の集い】
 平成22年6月19日(土)/懐石料理「東洋館」(宮城県仙台市)
第17回 【秋の集い】
 平成22年9月23日(木・祝)/「和食波奈 仙台店」(宮城県仙台市)
第18回 【冬の集い】
 平成22年12月18日(土)/「田里津庵」(宮城県宮城郡利府町)

 ※東日本大震災の影響で【春の集い】は中止

第19回 【夏の集い】
 平成23年6月25日(土)/「亀喜寿司」(宮城県塩竈市)
第20回 【秋の集い】
 平成23年9月19日(月・祝)/「伊達のいろり焼き 蔵の庄」(宮城県仙台市)
第21回 【冬の集い】
 平成23年12月17日(土)/「田里津庵」(宮城郡利府町)
第22回 【春の集い】
 平成24年3月20日(火・祝)/「仙臺居酒屋 おはな」(宮城県仙台市)
第23回 【夏の集い】
 平成24年6月23日(土)/「仙台地物屋 炉だん」(宮城県仙台市)
第24回 【秋の集い】
 平成24年10月6日(土)/「大黒寿司」(宮城県塩竈市)
第25回 【冬の集い】
 平成24年12月21日(土)/「ございんや 牡蠣庵」(宮城県松島町)
第26回 【春の集い】
 平成25年4月13日(土)/「和食 波奈 定禅寺通店」(宮城県仙台市)
第27回 【夏の集い】
 平成25年6月23日(日)/「塩竈料理 翠松亭」(宮城県塩竈市)
第28回 【秋の集い】
 平成25年9月23日(月・祝)/「伊達のいろり焼 蔵の庄 一番町本店」(宮城県仙台市)
第29回 【冬の集い】
 平成25年12月21日(土)/「ホテル海風土」(宮城県松島町)
第30回 【春の集い】 
 平成26年3月1日(土)/「ございんや 旬 牡蠣庵」(宮城県松島町)
第31回 【夏の集い】
 平成26年7月5日(土)/「亀喜寿司」(宮城県塩竈市) 
第32回 【秋の集い】
 平成26年9月20日(土)/「無垢とうや」(宮城県仙台市) 
第33回 【冬の集い】
 平成26年12月20日(土)/「みやぎ純米酒倶楽部 さなぶり」(宮城県仙台市) 
第34回 【春の集い】
 平成27年3月28日(土)/「和旬彩 あだん」(宮城県仙台市) 
第35回 【夏の集い】
 平成27年7月4日(土)/「和食波奈 仙台店」(宮城県仙台市) 
第36回 【秋の集い】
 平成27年9月26日(土)/「亀喜寿司」(宮城県塩竈市)
第37回 【冬の集い】
 平成27年12月20日(日)/「小松館 好風亭」(宮城県松島町)
第38回 【春の集い】
 平成28年4月2日(土)/「蔵の庄 総本店」(宮城県仙台市)
第39回 【夏の集い】
 平成28年6月19日(日)/「大黒寿司」(宮城県塩竈市)
第40回 【秋の集い】
 平成28年9月24日(土)/「伊達の旬菜 みわ亭」(宮城県仙台市)
第41回 【冬の集い】
 平成28年12月18日(日)/「ございんや 旬 牡蠣庵」(宮城県松島町)
第42回 【春の集い】
 平成29年4月1日(土)/「トラットリア クチーナ オランジェリー」(宮城県仙台市)
第43回 【夏の集い】
 平成29年6月24日(土)/「仙臺居酒屋 おはな」(宮城県仙台市)
第44回 【秋の集い】
 平成29年9月23日(土)/「居酒屋 左五平」(宮城県仙台市)
第45回 【冬の集い】
 平成29年12月23日(土)/「小松館 好風亭」(宮城県松島町)
第46回 【春の集い】
 平成30年3月24日(土)/「蔵の庄 総本店」(宮城県仙台市)
第47回 【夏の集い】
 平成30年6月23日(土)/「和食波奈 仙台店」(宮城県仙台市)
第48回 【秋の集い】
 平成30年9月22日(土)/「古民家 アキウ舎」(宮城県仙台市)
第49回 【冬の集い】
 平成30年12月22日(土)/「ございんや 旬 牡蠣庵」(宮城県松島町)
第50回 【春の集い】
 平成31年3月16日(土)/「仙臺居酒屋おはな」(宮城県仙台市)
第51回 【夏の集い】
 令和元年6月22日(土)/「伊達のくら」(仙台市宮城野区)