旬どき うまいもの自慢会 みやぎ

archive [2009.04]

第11回 【春の集い】を開催しました


皆さん、こんにちは。企画課の芳賀(はが)です。

桜前線 北上中!
宮城県でも桜の開花が宣言され、満開までまもなくです!
4月は新年度のスタートなど、心もうきうきします。

そんな春を楽しむべく、ひと足お先に、3月20日、春分の日に
旬どき うまいもの自慢会 みやぎ 【春の集い】
を開催しましたので、その様子を報告いたします。

   

会場は、仙台市・国分町のかまど料理「銀兵衛」さんで、
「宮城の春野菜」をテーマに、
「銀兵衛」の土井料理長自らが、県南エリアに足を運び、自分の目で確かめた春野菜を
中心とした地元産の旬の食材を、「浦霞」と合わせてお楽しみ頂きました。

   

 -----------------------------------------------------------------------------------------------
 [春のつどいの概要]
  開催日時  平成21年3月20日(金曜日)春分の日 17:00?20:00
  開催場所   かまど料理「銀兵衛」(宮城県仙台市)
  参 加 料   6,000円
   定 員    36名
 -----------------------------------------------------------------------------------------------

 まずは弊社社長 佐浦よりご挨拶、そして乾杯の音頭により会はスタートしました。
   

 乾杯のお酒は、斗びん囲い大吟醸 浦霞 生酒(特別限定品)
   華やかな香りと優しい旨味、やわらかな透明感が感じられる精緻なバランスの
   とれた味わいのお酒です。今回は特別に「生酒」にてお召し上がり頂きました。 

 乾杯後、お料理1品目は、[小鉢]
  ほや(女川町)、生きくらげ(川崎町)、菜の花(仙台市)、やまうど(蔵王町)、山葵(加美町)
  の三杯酢。酸っぱさと山葵の程よい辛さが口の中で広がり、1品目から春満載で
  全体的に上品な味に仕上がっていました。

   


 続いて2品目のお料理[前菜]が登場。
  ・自家製ささかま(仙台市)
  ・大泉ポーク(中田町)と下仁田葱(仙台市)の串焼き
  ・蔵王チーズ3点盛
    ┣ 原木椎茸(迫町)、ガーリッククリームチーズ
    ┣ モッツァレラ、珍味、青シソ
    ┗ バッケ味噌、ナチュラルチーズ、クラッカー
   

   自家製のささかまは、原料となる白身魚の甘さを感じさせるお餅のような
   弾力のある一品。
   焼きを入れることでさらに味が濃厚になりました。
   土井料理長おすすめの豚肉「大泉ポーク」には、甘みがあり、下仁田葱の苦さが
   その甘みをさらに引き立てていました。
   蔵王チーズは、苦いもの・酸味のあるものなどワンアクセントとともに
   食べることで、味わいに深みのあるものになりました。

 これらのお料理には、純米吟醸生酒 浦霞 春酣(はるたけなわ)と
 合わせて、お楽しみ頂きました。
 季節限定品の「春酣」は、はつらつとしたフレッシュな味わい。 
 春の食材(山葵や菜の花など)の持つ苦味や香りにも抜群に相性の合う妙味で、
 春の恵みを満喫。


 3品目[吸物]
  白魚(塩竈市)、新筍、若布、木の芽
   

   白魚のもつ苦味、新筍のしゃきしゃき感と若布の磯の風味が楽しめました。
   全体的にさっぱりとしており、食欲が増しました。


 4品目[造り]
  平目とイシガキガレイ(七ヶ浜町)の刺身、生こんにゃく(川崎町)と生ゆば(仙台市)
   

   ぎっしり身が引き締まった平目とイシガキガレイ。コリコリと甘みがありました。  

 
 さっぱりと冷たい歯ごたえのある一品を楽しんだ後は、
 5品目[煮物]
  へそ大根(丸森町)、玉こんにゃく(川崎町)、身欠きにしん、木の芽
   

   味の濃いこってりとした温かな煮物とともに、純米酒 浦霞
   お召し上がり頂きました。米の旨味が生きている純米酒と相性抜群でした。


 本日のメイン料理、6品目[しゃぶしゃぶ]
  大泉ポークばら肉(中田町)、春野菜(白菜、菜の花、曲がり葱、カブ、ニンジン)
  

  

   肉厚の歯ごたえのある豚肉「大泉ポーク」は、噛めば噛むほど甘みがじわっと広がりました。
   春野菜も驚くほど甘く、苦味は感じられませんでした。


 7品目[天ぷら]
  蔵王タラの芽、海老、チーズ、磯部巻、白魚(塩竈市)、ふきのとう
   
 
   チーズの甘み、タラの芽の苦味、磯辺巻の塩味、海老の歯ごたえ、
   宮城の野と山と海の春の食感と香りが凝縮された一品でした。

 塩とレモンの塩味でそれぞれお召し上がりいただいた天ぷらには、落ち着いた吟醸香と
 柔らかく熟成した米の旨味が味わえる旨口タイプの純米大吟醸、
 蔵の華 純米大吟醸 浦霞とともにお楽しみ頂きました。
 「蔵の華 純米大吟醸 浦霞」は、宮城県清酒鑑評会「宮城県知事賞」受賞酒。
 春のつどいの参加者アンケートでも人気の高いお酒でした。

 
 8品目[食事]
  親方の手打ちそば(宮城県産常陸秋そば)
   

   めんつゆにつけず、そのまま食べても甘くて美味しいおそばでした。
   そして、親方のご好意で、特別に手に入ったという「寒ざらしそば」もご提供頂きました。
   ギュッと引き締まったおそばでこちらも絶品でした。

 
 最後、9品目[デザート]さくらアイス
   


以上、9品、宮城の春を存分に満喫していただけるメニューを
土井料理長に特別に作っていただきました。

   
       かまど料理「銀兵衛」 土井料理長

参加者の方からは、
 「春野菜の美味しさ、甘さが楽しめた」
 「宮城県産の野菜で安心して食べられた」
 「地産地消の最高の悦びを楽しむことができ、幸せ!」
と嬉しいご感想をお寄せ頂きました。

   

参加された皆さま、かまど料理「銀兵衛」の皆さま、誠にありがとうございました。


 [本日のお酒]
   
    ・斗びん囲い大吟醸 浦霞 生酒
    ・純米吟醸生酒 浦霞 春酣
    ・純米酒 浦霞
    ・蔵の華 純米大吟醸 浦霞

 
地元の旬野菜を中心に食へのこだわりを持つ「銀兵衛」の土井料理長。
今回は、そんな土井料理長のこだわりと腕により、宮城の春の食材を
皆さまに十分お楽しみ頂けたのではないでしょうか。
参加者の皆さまの笑顔を見て、こちらも幸せなひとときでした。

次回、夏のつどいは、6月下旬の開催を予定しております。
こちらも、皆さまの笑顔と出会えますよう、現在企画中です。
詳細が決まり次第、弊社HPにてご案内申し上げますので、
是非ともご参加いただければ幸いです。


最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 ────────────────────────────────────────
  浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
 ────────────────────────────────────────