HOME

東日本大震災の被害と復旧状況について

東日本大震災の被害と復旧状況について

2011年3月11日に発生した東日本大震災に際しましては、暖かい励ましやご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。この度の大震災での弊社の被害と復旧状況についてお知らせ致します。

本社蔵

本社蔵の位置する塩竈市では震度6強の強い揺れ、また敷地内には津波による浸水もありましたが、役員・社員とも全員無事でした。土蔵の仕込蔵等の建物の外壁が崩落するなど一部損壊、水を被りました機械・機具類の故障、約3万本のお酒が破損・被災いたしました。酒造りについては吟醸造りの最盛期でしたが継続を断念し、建物の修繕、機械・設備の修理または買い替えを進め、2011年6月1日よりまずは瓶詰め業務を再開、商品を順次出荷いたしました。
2011年9月、被災により劣化した仕込みタンクの入れ替えが終了した「大正蔵」において、酒造りを開始いたしました。震災による被害が大きかった土蔵造りの「享保蔵」でも仕込みタンクの入れ替え作業を行い、11月末よりお酒の仕込作業を開始いたしました。2011年(平成23年)醸造年度につきましても例年通りの仕込みをスタートすることができました。また、修復が遅れていた「享保蔵」外壁の補修工事も同年12月中旬に終了、以前のような風景を取り戻すことができました。
しかしながら貯蔵および瓶詰め設備・建物については応急的な修繕となりましたため、現在、数年に亘る本格的なリニューアル事業を計画しており、その第一弾として2016年9月より新しい瓶詰めラインが稼働しております。

矢本蔵

東松島市内にある矢本蔵の被害は比較的軽微でありましたため、2011年4月7日には瓶詰め作業を再開しましたが、当日深夜に発生した震災後の最大余震(M7.2)により、再び業務の中断を余儀なくされました。その後ライフラインの回復とともに再び点検・調整を行い、同年4月14日より再稼働いたしました。また、4月19日には震災後初めてとなる洗米作業を開始し、酒造りにつきましても再開いたしました。

東松島市内にある矢本蔵の被害は比較的軽微でありましたため、2011年4月7日には瓶詰め作業を再開しましたが、当日深夜に発生した震災後の最大余震(M7.2)により、再び業務の中断を余儀なくされました。その後ライフラインの回復とともに再び点検・調整を行い、同年4月14日より再稼働いたしました。また、4月19日には震災後初めてとなる洗米作業を開始し、酒造りにつきましても再開いたしました。
私たちは創業以来280年以上にわたって、地域に育まれ、地域とともに歩んで参りました。2011年4月より取り組みを開始した、地域全体の復興を願い「復興へ頑張ろう!みやぎ 浦霞発、日本酒のチカラ」プロジェクトを2016年度も継続して行い、これからも地域とともに完全復旧を目指して参ります。

冷蔵貯蔵庫

積み重ねた製品が崩れ、手の施しようもない状態でした。

2011年3月14日撮影

仕込みタンク

こぼれ出たもろみ。仕込みタンクは被災により劣化が進み、新しいタンクに総入れ替えました。

2011年3月22日撮影