うらかすみ便り

みやぎの新ブランド米「だて正夢」で造ったお酒が誕生しました!


「おいしさの天下を取ってみせる」という意気込みと日本屈指の米どころ宮城の復権への願いを込めて、
平成30年に誕生した宮城のブランド米「だて正夢」。


「ササニシキ」「ひとめぼれ」に続く、皆様に愛され続ける極みの品質を目指して開発されました。
その食感は、とびっきりのもちもち感!

その米を使って美味しいお酒を造りたいと誕生したのが「だて正夢 特別純米酒 浦霞」です。

製造にあたった本社蔵の小野寺杜氏は「だて正夢」での酒造りを「柔らかく溶けやすい原料米なので、
味があまり重くならないよう、雑味が出ないようにと浸漬、蒸し米、こうじ造り、全てを硬めに設定し
ました。酵母も米が溶けすぎた場合を考え、味わいの修正ができるようにと使い慣れた自社酵母を使う
ことを選択しました。」と話しています。

小野寺杜氏は出来上がったお酒について「『だて正夢 特別純米酒 浦霞』はさわやかな香り、心地良い
酸味と旨味が口中に広がるお酒に仕上がりました。冷やして、または常温も美味しさが引き立ちます。
これからの季節、白身魚とあわせ楽しみたいです。皆様も是非、『だて正夢 特別純米酒 浦霞』を
味わってみてください!」と話しています。

ブログ用 だて正夢.jpg

だて正夢 特別純米酒 浦霞  720ml  1,600円(税別)

7月7日(火)より発売。

「だて正夢」で造ったお酒は弊社のみです。

ラベルデザインには「だて正夢」の公式ロゴマークを使用。
公式ロゴマークは五穀豊穣を表す米俵がモチーフとなっており、
米俵は大地、恵みの雨、収穫、祝祭の意味と、このサイクルが
未来永劫続くようにとの願いが込められています。

中心に沿って色を濃くすることで「だて正夢」が持つ求心力を表現。
宮城県の復興のシンボルとなることが願われています。



「だて正夢 特別純米酒 浦霞」は宮城県内の以下のお店で購入することができます。
(品切れの場合もありますので、お出での際は予めお電話をしてからお出で下さい。)

浦霞 酒ギャラリー(弊社店舗) 塩釜市本町2-19         TEL:022-362-4165 

藤崎            仙台市青葉区一番町3丁目2-17     TEL:022-261-5111(代表)

地酒とワインのお店 ケヤキ  仙台市青葉区中央1-1-1 JR仙台駅 1F  TEL:022-212-5233

グリーンマート桂店     仙台市泉区桂1丁目12-1         TEL:022-371-3611

阿部八酒店         仙台市青葉区宮町 4丁目5-35      TEL:022-222-6433

梅津酒店          仙台市宮城野区榴岡2丁目2-25    TEL:022-256-6475

リカーすずきや       塩釜市北浜4-2-10           TEL:022-362-3023

門脇酒店          塩釜市北浜1-2-22           TEL:022-362-1742

佐々留商店         塩釜市北浜1-5-35          TEL:022-365-0105

相原酒店          塩釜市北浜4-8-20          TEL:022-362-5187

熊久商店          塩釜市本町11-5           TEL:022-362-0441

相原商店          塩釜市錦町17-13           TEL:022-367-3636

むとう屋          松島町松島字普賢堂23        TEL:022-354-3155

伊藤時尾商店        松島町松島字町内88-9        TEL:022-354-3141

四釜商店          石巻市穀町2-17           TEL:0225-96-0188

すがとよ酒店        気仙沼市新浜町2-3-6         TEL:0226-24-1111

宮城・山形産直マルシェ(ネット販売) https://www.miyagi-yamagata-sanchoku.com/

みやぎの新ブランド米使用「だて正夢 特別純米酒」(新商品)も販売中!仙台駅催事「がんばろう東北物産市」



新型コロナウイルスの影響で中止となっていた、仙台駅2階ステンドグラス前での催事が7月7日より再開しました。

再開第一弾の催事は「がんばろう東北物産市」。

この中で弊社の新商品「だて正夢 特別純米酒 浦霞」(7月7日新発売)等も販売中です。

  datemasayume.jpg

「だて正夢」は、「ササニシキ」「ひとめぼれ」に続く、今年デビュー3年目となるみやぎ米。

とびきりの甘みともちもち食感が特長の「だて正夢」を100%使用し醸したお酒は、さわやかな香り、心地良い酸味と旨味のあるお酒に仕上げました。

みやぎ米「だて正夢」を原料米にお酒を造っているのは浦霞だけ!

しかも、数量限定、宮城県内限定です!!

在庫がなくなり次第販売終了となりますので、是非この機会にお楽しみください!

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響を鑑み、試飲は中止し、販売のみとなります。
 ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。




===
がんばろう東北物産市

場所 仙台駅2階ステンドグラス前
会期 7月7日(火)~13日(月)
時間 午前10時~午後7時30分
※最終日は午後7時まで。
※時間変更の可能性もございます。


弊社販売予定銘柄
・だて正夢 特別純米酒 浦霞(新商品)
大吟醸 浦霞
・浦霞 伊達な苺酒(仙台駅限定)
・浦霞 伊達な梅の酒(仙台駅、松島町内の酒販店限定)
※販売予定数に達し次第、終了となります。予めご了承下さい。



200709.jpg

東京有楽町「酒蔵レストラン宝」おもてなし力をパワーアップして再開!!

弊社「浦霞」を始めとする9蔵がオフィシャルパートナーとして提携し、常に浦霞商品と美味しい料理、そして笑顔あふれるスタッフによる接客が心地良い飲食店「酒蔵レストラン宝」(東京国際フォーラム)が6月1日より再開を果たしました。


200707_2.jpg


営業再開にあたり新型コロナウイルス対策も徹底され、安心はもとより提供する蔵元の酒をまるで現地で味わっているかのように感じていただける各地域の郷土料理や、若いスタッフの明るい接客など、ご来店いただいた方へのおもてなしも更にパワーアップしています。

そんな素敵なお店「宝」の店長、敷波さんにコメントをいただきました。

気持ちよくお客様にお食事を楽しんで頂けるように

・席数の削減

・スタッフのマスク着用

など出来る限りの対策をしての営業をさせて頂いております。

ご安心してご来店をして下さい!

湿度の高い梅雨の季節がやってきておりますが、当店ではスッキリ爽やかに楽しめる【夏の生酒】フェアを開催しております。

浦霞を始めとする宝蔵9蔵のお酒を利き酒出来る【9蔵セット】も大人気です。

食事も四季を大切に、初夏を感じる事の出来るお料理の数々をご用意しておりますので、お近くにお立ち寄りの際には軽く一杯でも足を運んで頂けると嬉しいです。

また数少ないとは思いますが宴席を設ける際も当店をご検討頂けましたら幸いです。

スタッフは元気に毎日出勤しておりますので、日本酒を皆様でどんどん飲んでいきましょう!


200707.jpg
酒蔵レストラン宝」の皆さん!一番左が敷波店長

  200707_3.jpg
夏の生酒「純米生酒 浦霞

瑞々しいイチゴを思わせる香りと、キレのよい旨味のバランスがよく、さっぱりとした清涼感のある味わいが魅力です。

是非【夏の生酒】フェアの間にお楽しみ頂ければと思います。

コロナ禍の影響で毎年弊社も参加している夏のイベント「七夕の会」が中止となるなど、お客様とお目にかかることができず寂しい気持ちで一杯ですが、その分、蔵元の思いを伝える「宝」のスタッフの皆様が毎日日本酒とともにお酒がすすむこと間違いなし!の料理を提供してくれます!

そんな酒蔵の思いが皆様に届く、とっておきの場所「宝」で日本酒と料理のマリアージュを是非ともお楽しみください!!



酒蔵レストラン宝

HP http://musshu.jp/takara/index.html
Facebook https://www.facebook.com/sakagura.restaurant.takara/
〒100-0005
東京都千代田区丸の内3-5-1 東京国際フォーラムB1
TEL 03-5223-9888

月~金 ランチ 11:30~14:30 (L.O.14:00)
ディナー 17:00~23:00 (L.O.22:00 ドリンクL.O.22:30)
土日祝 ランチ 11:30~15:30 (L.O.15:00)
ディナー 17:00~22:00 (L.O.21:00 ドリンクL.O.21:30)

第21期「うらかすみ日本酒塾」第6回講義開催

先日、第21期「うらかすみ日本酒塾」の第6回講義を開催しました。

「うらかすみ日本酒塾」とは...20歳以上の一般消費者を対象とした、浦霞主催の日本酒セミナーで毎年9月から翌年3月までの半年間、月1回のペースで毎月テーマと講師を変えて開催しています。今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響から、当初3月7日(土)に開催を予定しておりました第6回講義は4か月遅れの7月4日(土)に延期開催となりました。「新しい生活様式」の実践を鑑み、例年とは異なる雰囲気やスタイルにはなりましたが、皆様のご協力を得、無事に開催出来ましたことに安堵しております。

日本酒塾開催にあたり、新型コロナウイルス感染拡大防止のため来場の際には手指消毒や検温にご協力頂きました。

DSC_0164(Blog).jpg

講義中は飛沫防止シールドを使用するなど感染防止策に努めました。

IMG_3500(Blog).jpg



第6回講義のテーマは「日本酒の原料と各地の取り組み方」。講師は宮城県産業技術総合センターの橋本建哉先生をお迎えしました。

IMG_7485(Blog).jpg

IMG_3499(Blog).jpg

講義内容
====
1.お酒の原料はお米
2.酒造好適米とは
3.酒造りに用いられる酵母
4.代表的な酵母とその特徴
5.宮城県で開発された各種の酵母

今回の「きき酒」は原料米別と使用酵母別にみて頂きました。下の写真左から

IMG_0066(Blog).jpg

原料米別
【山田錦】 山田錦純米大吟醸 浦霞
【7号酵母】 眞澄 山廃純米大吟醸 七號
【亀の尾】 鯉川 純米大吟醸 KOIKAWA
【9号酵母】 香露 大吟醸
【五百万石】 大那 純米吟醸 那須五百万石
【ほの馥酵母】 蔵の華 純米吟醸 浦霞

IMG_0068(Blog).jpg

今回、希望者にはZoomを使ったオンライン受講も開催致しました!

Zoom01(Blog).jpg

講義終了に続き修了式を行いました。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、代表者お一人への修了証授与となりましたが、最終講義をもって補講生を含む12名の方が修了されました。

IMG_0078(Blog).jpg

21期生においては、昨年10月に台風19号による第2回講義の延期、新型コロナウイルスの感染拡大から3月修了予定が4カ月後になるなど波瀾万丈の期となりましたが、それだけに思い出深いうらかすみ日本酒塾「21期」になったのではないでしょうか。

21期の皆さま、約10ヶ月間の長きにわたり様々ご協力頂きましてありがとうございました。そして、今後ともどうぞよろしくお願い致します!

※22期生 只今募集中です!!※

高濃度エタノールを製造し塩釜、東松島両市に寄贈いたしました

 

緊急事態宣言が解除となり学校や社会活動も再開し経済活動も徐々に戻りつつありますが、新型コロナウイルスの感染拡大は完全に落ち着いたわけではなく、防止のための日々の取組みが大切です。

現在、全国の酒造会社も様々な取組みを行っておりますが、弊社におきましても既存の蒸留設備を活かし、手指消毒に使用することを目的にアルコール度数66%の高濃度エタノール製品を製造して6月2日には本社蔵が位置する塩釜市へ、6月26日には矢本蔵が位置する東松島市へ消毒液の代替品として「URAKASUMI ALCOHOL66%」それぞれ約500本を寄贈いたしました。

塩釜市では、子供から高齢の方まで利用する塩釜市内にある集会所などの公共施設や福祉施設等で活用いただく予定です。

0630shiogama2.jpg
写真左:佐藤光樹 塩釜市長  写真右:社長 佐浦


東松島市は来庁者の手指や市庁舎のドアノブなどの消毒に使う予定で広く市民の皆様にご活用いただくとのことでした。

0630higasimatushima1.jpg
写真左:渥美 巖 東松島市長  写真右:社長 佐浦


このところ各地では再び感染者の増加もあり第二波も懸念されておりますが、新型コロナウイルス問題の一日も早い終息を願いつつ、弊社は今後とも地域社会とともに歩んで参ります。